HAPS うっかり母ちゃん 後記

ごきげんいかがですか、
着物姿のチャイルドマインダー満茶乃です。

12月17日土曜日、
今年最後の「HAPS OUR SCHOOL うっかり母ちゃんの にほんばなし」させていただきました。

12月は毎年
「終いうっかり!」と銘打って、賑やかに🍀

今年は
ペットボトル三味線の邦楽くん こと、
長唄三味線奏者の三宅良さんにゲストとして来ていただきました。

最初は、いつものように赤ちゃん絵本から。
赤ちゃん絵本といっても、
ちょっとしたテーマや、
植物の画き方から季節感を感じ取ることができるものもあります。
小学生から〇歳児さんまで
幅広い年齢の集まるHAPSでの うっかり母ちゃんの にほんばなし。

どんな年齢でも
ついつい、見てしまう。
そんな赤ちゃん絵本の時間です。

ーーー

ついに登場!
邦楽くんこと、 三宅良 さんは
長唄三味線を身近に!と、
「街角伝統芸能プロジェクト」を運営しておられます。

2人にひとつずつ
ペットボトル三味線を持って頂き
思い思いに音を出してみます。

さっそく「キラキラ星」をワンフレーズ弾けるようになる方も!!!

そこで、
邦楽くんが用意してくださった
紙芝居「五条橋」
を私が読み、みなさんに擬音やBGMを入れて頂きました。

子どもさんだけでなく
大人のみなさまも楽しんで頂けました✨

ーーー

毎月大好評の
お茶会。

年末ということもあり、贅沢に
建仁寺そばの 鍵甚良房さんの生菓子
「顔見世」を。

お茶は、
玉露を独自ブレンドしたお煎茶
を水出しでじっくり💕

「顔見世」は
その名の通り、南座の顔見世の時期だけの限定品。

「暫」の袖の柄を模してあります。

もっちりとした食感と
甘さを控えた上品な粒あんの絶妙なバランス🍀 

みなさま、すごく喜んでくださいました。

ーーーー

最後の絵本は
年越しを控えた昔ばなしの代名詞「かさじぞう」

そして
みなさまお待ちかね!
恒例の落語絵本。

「ときそば」を。

今回は、大人も子どもも
無心になってペットボトル三味線をかきならし
いつもと違った雰囲気の
HAPSとなりました。

今年は出産もあり、お休みも頂きましたが
無事に1年間、HAPS OUR SCHOOL 勤めさせて頂きました。
ありがとうございました!!!

来年も、毎月第3土曜日13時より
変わらず皆さまをお待ち申し上げております。 
どうぞ、よろしくお願いたします。

※ この日
京都新聞さんに取材していただきました記事は
来年1月10日前後に掲載予定だそうです。
どうぞよろしくお願いします!!!

うっかり堂 Ukkaridoh

心から心へ傳ふる花・・・ あなたを異界へと誘う かたり のコミュニケーション

0コメント

  • 1000 / 1000