どちらがドキッとするか

以前は、鏡自撮りした時
必ず左右反転してアップしていました。

でも、着物姿をアップすることに目が慣れてくると

鏡自撮り写真を見た時に
合わせが正常やと逆に、 

『あれ?この人合わせが反対?』って、
思われてしまうような気がして、止めてました。

でも、左前は見る方も縁起が悪いんやって。
そらあかんなー
ってことで、鏡自撮りした時の写真
左右反転作業を復活させました。
*
*
*
さて本題です☆

一昨日のコーデ
リビング京都さんの撮影のために着ていたものです。
*
曾祖父(一説には曾々祖父)の大島を誂え直した着物に、祖母の白椿の紬帯を。
*
泥染の大島紬。想像を絶する労力と、工程と時間をかけて作られる。

男物のアンサンブルとして曾祖父(曾々祖父?)が誂えたこの大島は、戦火もくぐり抜け、100年以上の時を経て、今こうして私が袖を通してる。
イギリスなどでも、代々ウエディングドレスを継ぐという話しをよくきくけど、
こちら、性別越えてもた( Д ) ゚ ゚
*
着物だからこその
継ぎ方。
伝え方。
楽しみ方。

今回の対談テーマが『京都と女性』やったので、話のネタにもなるかなと、このコーデにしました。
*
*
*
 #着物で子育て #着物コーディネート #大島紬 #泥染 #先染め #着物 #きもの #代々 
 #タンスの肥やし無くし隊
まだまだご予約受け付けております!!

福地空果梨堂 Fukuchi‐Utukaridoh

『たくさんの絵本とおんなじくらい  子育てのとなりに “にほんぶんか”を。』

0コメント

  • 1000 / 1000