ひとつひとつ、ひもとく【HAPS うっかり母ちゃん】

ごきげんいかがですか

うっかり母ちゃん満茶乃です。


先週土曜日6月17日は

HAPS OUR SCHOOL

  うっかり母ちゃんの にほんばなし 水無月の巻

開催させていただきました。


六月から七月にかけてのことを

絵本や着物を使って

少しずつ、ひもといていきます。

 *

恒例の

着物の文様クイズ!


クイズとはいいながら

目の前にある着物の文様をみて

おもうがままに

思いついたイメージをあげていってもらいます。

↑着付のレッスンから、うっかり母ちゃんにも参加してくださった I様


これは、以前にも書きましたが

子どもさんにも、お母さん方にも発言を通して参加してもらうことで

情報を共有する感覚がうまれ

どんどん、

文様だけでなく、その場や、一緒にいる人たちにも

愛着がわいてきます^^

参加すること

場を大切にするって、

そういうことの積み重ねかなと思います。

大江山の酒呑童子と

金太郎さんのお話しをしたり


とてもアーティスティックな虎の絵本を使って

四神(朱雀・青龍・白虎・玄武)の話をしたり。

これは

絵本の意外性もあり、年齢問わず

とても盛り上がりました^^


 *

お待ちかねのお茶の時間!!


お煎茶は、先月配送が間に合わなかった

宇治の新茶。

新茶は味が馴染みにくいので

前日の昼から

ゆっくりゆっくりと水と氷で抽出しました。

とてもとても、甘かったです^^

和菓子は

子どもさんのものは

「二條若狹屋」さんの『京の色』

 旬のものたちが、和菓子になっているので、

ひとつひとつ解説しながら渡すと

子どもさんだけでなく、親御さんも、とても喜んでくださいます^^


おとなの和菓子は

「たねや」さんの『吉兆嘉祥』

この和菓子はなんと

6月16日の1日限定販売。(賞味期限は発売後二日間)

写真上部が『吉兆嘉祥』

箱が六角形をしているのは、亀の甲羅を表しています。


 平安時代のはじめ(西暦848年)
豊後の国(今の大分県)で白亀が出現。
その白亀が天皇へ献上されたのを
縁起がよいとして、元号を『嘉祥』改めたのだそう。
それが旧暦の6月16日

 

厄除けと

健やかな日々を願うステキなお菓子です^^


 *


最後は、いつものように

落語絵本と世阿弥のひとこと。。。のはずが


お手伝いしてくれたお姉ちゃんが

「私が読みたい!!」と

たなばたさまのお話しである「天人女房」を読んでくれました。


この天人女房は

方言で書いてあり、とても長いお話し。

お姉ちゃん、がんばってさいごまでめげずに読んでくれました!!

ありがとう!!!!


今月も、ほんとうにみなさまありがとうございました!!


今回のメンバーが楽しかったようで

このあとも、

近所の公演で、みんなで遊びました^^

来月は7月22日土曜日の開催です。

来月も、どうぞよろしくお願いいたします!!


うっかり堂 Ukkaridoh

心から心へ傳ふる花 ~ 異界へと誘う【かたり】のコミュニケーション ~ 空果梨堂 満茶乃

0コメント

  • 1000 / 1000